Ebisuya Golfer’s Club<えびすや ゴルファーズ クラブ>

スイングの考え方⑱

ローテーターという練習器具、もともとはストレッチ器具でゴルフ用ではなかったそうです。

でもでもでも、以前のブログでも書きましたように

レッスンの現場では非常に重宝しております。

コレ ↓

んで、何が良いのかって言いますと

①手を下げるような動きがなく、常に手元が高い位置でスイングチェックできる

②左右の手の役割や動かし方がまったく違うと理解できる。

③手の動きがあって、カラダがそれに従うように動くのだと理解できる。

だと思うんです。

ただ難点は、インパクトからフォローでローテーターを持ち替えないと

フィニッシュまで動けないので、そこが面倒くしゃいしゃい!

てなわけで、先回のブログ画像でわかる通り、両手それぞれにアライメントスティックを持って

スイング練習をしましょー!的な素振りをオススメしたんです。

生徒さんや、もしかしたらこのブログの賢明な読者(そんな人いねーだろっ)なら理解してもらえるでしょうが

実はこの練習にも、例の「パワーポジション」がしっかりと存在しているんですよね~(・∀・)

パワーポジションのイメージ画像 ↓

スイング練習のキーワードがあるとしたら、そこら辺を軸にアタクシの話を思いだしてくださいね。

そんな感じで皆さんの質問どしどし現場でお受けいたします。

ぜひぜひ体験レッスン(30分 ¥1,000)もお待ちしてます!

ではまた!